闇金の取り立てをやめさせる方法

通常のキャッシングでお金が借りられず、仕方なく闇金に手を出してしまった方もおられます。
よく知られているのが闇金の取り立てが社会問題になった事がありますが、実際はどんな取り立てをしてくるのでしょう。

 

正規の金融業者は取り立て方法も決められている

貸金業法の中に「取り立て行為の規制」があり、禁止されている取り立て方法が書かれています

 

  1. 正当な理由(※1)がないのに、午後9時〜午前8時以外の時間に債務者に電話をかけたり、FAXを送ったり、自宅を訪問すること
  2. 正当な理由(※1)がないのに、債務者の勤務先やその他 自宅以外の場所へ電話をかけたり、FAXを送信したり、訪問したりすること
  3. 債務者から、訪問に対して退去するように意思表示されたにもかかわらず、退去しないこと
  4. 張り紙や立て看板やその他の方法で債務者の借入れに関する事実や私生活に関する事実を債務者以外に明らかにすること
  5. 債務者に対して、債務者以外の者からの借入れ等の方法で返済資金を調達するように要求すること
  6. 債務者以外の者に対して、債務者に代わって返済するよう要求すること
  7. 債務者が債務の整理を弁護士等に依頼した旨の通知をうけたにもかかわらず、債務者に対して返済を要求すること

これらすべて禁止行為に当たります。

 

しかし、闇金は、貸金業登録をしていない違法な会社がほとんどで、貸金業法に基づく法令を守ることはありません。
闇金に「違法」と突っぱねてもあまり効果はありません。

 

取り立てができれば、執拗に電話もかけてきたり、事務所から近い場所であれば、自宅や会社へ取り立てに来ます。
取り立てに来た場合、近隣に解るような大きな声を出したり、玄関を蹴ったりなど問題の行為があれば、警察に相談することも出来ますが、最近の取り立ては、あまり目立つ事はしません

 

会社の上司に教える、子供の学校で噂になるなど、周りに迷惑がかかるような、精神的な脅しをしてくることが多いです。

 

違法な取り立てをやめさせるには

闇金との対応は、一歩間違えると今以上に悪化することがあります。
しかし、彼らが一番困るのは、闇金に強い弁護士事務所に介入してもらう事です。

 

弁護士事務所の介入が決まれば、闇金との基本的な対応は、すべて弁護士が行ってくれますので、闇金からの執拗な取り立てを止めるには一刻も早く、弁護士事務所へ相談してみましょう。