闇金と知らずに手を出してしまった時の対処法

闇金には絶対手を出さないと決めていても、巧妙な誘いに乗ってしまい、知らないうちに闇金に借金をしてしまう場合があります
そんな状況になってしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

 

闇金とかかわるとどうなるか

あなたが相手を闇金だと知らずに借りてしまった場合に、どんな問題が発生するでしょうか。
電話での申込みで、書面が交付されなかった場合はいくらの融資金額で、金利が何%で、返済は毎月いくら、完済がいつになるのかが分かりません。

 

何回も返済を続けていても「それは全て利息だ!」と言われて、完済させてもらえないこともあります。
振込先の指定口座が個人名義の場合には、名義貸しの通帳の可能性が高く、返済した分が違法だったとしても、後日取り戻せる可能性が低くなります。

 

契約をしていないのに、勝手に振込された場合は、追い貸しになる為、その金額に手を付けたため状況が悪化する事があるので、すぐに縁を切る対応をしましょう

 

知らなかったといっても違法な取り立ては変わらない

闇金は、貸金業登録をしていない違法な会社なので、貸金業法を守らずに違法に操業をしています。
民法では、違法行為に対して厳しい罰則があり、法律上は元本を含めて返済する義務はありません。

 

だからといって個人が「違法なので支払いません」と言っても、闇金は最初から法律を守るつもりがない業者です。
支払いを拒否する事でさらに取り立てがひどくなり、昼夜を問わず督促の電話が増えたり、保証人や勤務先へ押しかけて来る事もあります。

 

電話での督促の内容が、脅迫めいた電話や別の違法行為があれば、警察に相談することも出来ますが、最近の取り立ては目立つ事はしません

 

闇金と手を切るためにどうするか

闇金に手を出してしまった場合、警察や弁護士事務所に相談するのが一番です。
ただ、警察へ相談しても証拠を集めたり、状況把握などで時間もかかりますし、具体的に被害にあわなければすぐには対応してもらえません。

 

闇金と手を切りたい時は弁護士事務所へ相談すれば、すぐに対応してもらえますし、弁護士費用が気になるという方もおられますが、費用はそれほど高くはありません。
解決後の支払いや分割払いも可能な弁護士事務所も多いので、まずは電話での相談を受けてみてはどうでしょうか。