闇金かどうかを調べるには

大手消費者金融のように名前の知られたところでキャッシングをするのなら、何の問題もありませんが、貸金業者の中には「闇金」と呼ばれる悪徳業者が存在します
名前の知られていない業者でお金を借りる前に闇金かどうかを必ず下調べをすることが重要になります。

 

闇金の誘い方

闇金は、ダイレクトメールや携帯電話などを使っての勧誘や、スポーツ新聞や週刊誌に広告を掲載したり、電柱、公衆電話などに広告を貼り付ける違法広告を出しています。

 

一目で怪しいと解るのが宣伝やダイレクトメールで見かける「ブラックでもOK!」とか「審査なしで融資できます」などの誘い文句で勧誘している業者で、これらも広告違反にもなります。
通常ならリスクの多い金融ブラックにお金を貸そうとはしませんが、闇金はどんな方法を使ってでも回収する自信があるので、こういった宣伝をします。

 

このような甘い誘い文句にはつい乗ってしまいそうになりますが、間違って連絡をするだけで、知らない金融業者から連絡が入るようになったりしますので、連絡を取る事もしてはいけません

 

闇金業者を調べる方法

貸金業を営む場合、法律で国や都道府県に貸金業としての登録をしなければなりません。
また、貸金業者が広告を掲載する時は登録番号や商号、所在地、代表者名、代表電話番号などを明示しなければならない事になっています。

 

その記載内容を控えておいて金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」から登録番号や商号などを入力して検索すると、該当する貸金業者があれば表示されます。
検索結果の内容と広告の記載内容が違うときは正規の消費者金融ではなく、怪しいと思えば手を出さないことが重要です。

 

また闇金をデータベース化したサイトも数多くありますので、面倒でもそれらを使って見分ける方法もありますし、日本貸金業協会でも業者名、電話番号、住所、FAX番号を入力するだけで「悪徳業者の検索」が可能なので、怪しいと思った時は、まず調べてみましょう

 

闇金を利用してしまったと思った時は

闇金にかかわってしまったと気付いた時は、これ以上関わらないという強い意志が必要で、自分一人で悩まず相談する勇気を持ってください
闇金に騙されて借りてしまった人は、被害者であっても債務者にはなりませんので、どんな些細なことでも疑いを持ったらすぐに相談する事をおすすめします。