闇金被害に警察はどこまで介入出来るか

借金の返済日が明日だけどお金が用意できないと言った時、電信柱に貼ってある怪しい広告に電話をしてしまったという方もおられます。
もうどこからも借りられなくなっていたので、半信半疑で電話をしてみたら、電話だけで、簡単に貸してもらえたというのが闇金地獄の始まりです。

 

そうなってしまうと借金は減らずますます増え続け、支払いに遅れると、毎日、自宅、携帯、職場に催促の電話が入るようになってきます。
思い切って警察署に相談する事を考えますが、警察で問題解決できるのでしょうか

 

刑事事件は対応できるが、民事事件は対応できない

警察が対応できるのは殺人や傷害、詐欺などの刑事事件で、「お金を借りた返せない」という相談には乗ってもらえませんし、借金問題の解決をするところではありません。
警察署の生活安全課では、闇金からの違法な取り立てに対する被害届けを出すと、相手の所轄の警察署で調査をしてくれます。

 

所轄の警察署の担当者が、近辺の見回りをしてくれる、代わりに電話で話を受けてくれるなど、違法な取り立てについては、相談に乗ってもらえる事があります

 

たまに所轄の警察署との連携が取れず、闇金業者が、今以上にしつこくなってかえって事が大きくなってしまったというケースもありますので、警察に届け出る場合は、違法な取り立てがある事実や証拠をきちんと持っていく事が重要です。

 

ただし、警察は民事不介入が建前なので、ヤミ金とは貸金業法違反で刑事事件として戦わなければならないので、その為の証拠はこちらで用意する必要があります。
それに警察は、借金の根本的な解決をしてくれるわけではないので、闇金問題の解決は個人で進めるには厳しいと言えます。

 

最も適切な解決方法は?

闇金問題は闇金専門の弁護士事務所へ相談するのが一番の近道です。
弁護士が受任すると、それ以降はすべて弁護士が対応してくれますし、弁護士費用も最初の相談は無料の事務所や、後払いや分割払いが可能なので弁護士費用の心配をする必要もありません。

 

それに弁護士に介入してもらえば、闇金に払ったお金が戻ってくる事もありますので、少しでも戻ってくれば支払いはそこからできます。
本当に困っているのならまずは電話を入れて相談してみてはどうでしょうか。